辛い夜勤を乗り切るためのコツ

医療職の勤務スタイルに関する話 辛い夜勤を乗り切るためのコツ

給与が高かったり、通勤ラッシュを避けられたりと、意外にもメリットが多い夜勤ですが、大変さからストレスを抱えてしまう看護師もいます。しかし、入院病床のある医療機関に務める以上、看護師に夜勤がつきものです。そのため、夜勤を辛いと感じている方は、それを上手に乗り切るコツを知っておくことが、毎日の業務を楽しむために必要不可欠となります。

看護師が辛い夜勤を乗り切るためには、まず、深くて良質な睡眠を心掛けることが大切です。夜勤は普通なら寝ているはずの時間に勤務をするため、生活のリズムが崩れがちです。しかも、崩れた生活のリズムは自律神経やホルモンバランスの乱れに繋がり、イライラや疲れが溜まりやすくなる原因になってしまいます。そのため、睡眠不足の状態が続くと心と体の両方に不調をきたしてしまい、場合によっては仕事を続けることが困難になることもあります。ですから、睡眠の質を追求していくことは、疲れを上手に癒し、精力的に仕事をこなしていくためには欠かせないのです。抱えているストレスや寝室の環境など、自分の睡眠の質を低下させる原因があれば、できる限りそれを改善するようにしましょう。

それから、夜勤を無理なく乗り切るためには、免疫力を高めるということも大切です。免疫力をアップさせれば、病気になりにくい身体を作ることができます。免疫力を高めるためには、良質な睡眠と併せて、バランスのとれた食事や適度な運動、温活などを意識するようにしましょう。健康的な身体を作ることができれば、夜勤を難なく乗り越えられるようになるかもしれません。