転職で夜勤専従看護師を目指すときの注意点

医療職の勤務スタイルに関する話 転職で夜勤専従看護師を目指すときの注意点

人材不足が問題になっている医療機関では、看護師の処遇改善を目指して、夜勤専従看護師の採用に力を入れている医療現場の数は年々増加しています。特に患者数が多い病棟では、経験が豊富な人材の獲得が重要な課題となっており、そうした状況の中、夜勤専従看護師の需要は伸びているのです。

ただし、夜勤専従看護師として働く場合には、希望する医療機関のスタッフの待遇や、転職後の具体的な業務の内容について、きちんと把握をすることが大切です。一般的に、夜勤専従看護師は外来やクリニックなどで昼間働いている人と比べると、高額な手当の支給を受けられますが、その分実務経験を求められることが少なくありません。しかも、限られた人数のスタッフで患者の対応を行うため、夜間の看護業務の内容について事前に確認しておかなければ、後々後悔することになりかねません。

ちなみに、夜勤専従看護師の受け入れ状況については、それぞれの医療現場の欠員状況や患者数などによってバラつきがあるので、転職先の候補を決めるうえでは、時間をかけて気になる職場の求人をチェックすることが大事です。規模が大きい病院の中には、転職希望者を対象に院内の見学を受け付けたり、実際に夜勤専従看護師として働いているスタッフが転職相談に乗ったりしているところも多々あります。なお、スタッフが慢性的に不足している現場では、常勤だけでなくパート勤務も選べるところもあるので、夜勤専従看護師に初めてチャレンジする人も安心して勤務を開始することができます。