夜に集中して働くときのメリット

医療職の勤務スタイルに関する話 夜に集中して働くときのメリット

夜の勤務を専門医行う夜勤専従看護師のメリットの一つは、給料が高いことです。そのため、週に3日程度でも、十分な給料を得られる可能性が高くなります。勤務をする病院と自身の経験次第では、週に2~3日程度の勤務でも、看護師の一般的な給料を得ることも可能です。しかも、短時間で高い給料を得られるということは、フリーな時間を増やせるということにも繋がります。家族といる時間が増えるほか、スキルアップのための勉強をしたり、ダブルワークをしたりすることもできるので、夜勤専門で仕事をすることは、意外にもたくさんのメリットがあるのです。

ちなみに、上記以外にも、夜勤専従看護師は連休を取りやすいというメリットもあります。多くの医療機関では、夜勤に入ると、夜勤明けは連休になるようにシフトを組んでいるケースが少なくありません。そのため、シフトの調整が上手くできれば、連休を利用して旅行などにも行くことができるでしょう。

また、夜勤のときはスタッフの数が圧倒的に少なくなるので、人間関係のわずらわしさから解放されるという点も魅力です。日勤もしなければならない勤務体制の場合は、苦手な人や性格の合わないスタッフと顔を合わせる頻度が高くなります。その点、夜勤専従看護師は、関わる看護師の人数が少ないので、人間関係が問題になることもほとんどありません。

それに、シフト制の勤務や日勤の場合は、委員会や後輩指導など、担当しなければならない仕事も増えますが、夜勤専従看護師は、看護業務以外の仕事は免除されるケースがほとんどです。そのため、看護業務に専念することができるのも嬉しいポイントです。